ハワイ365

ごあいさつ


ハワイレポート
(旅行記など)



ハワイ初心者情報


ハワイ情報検索


HGVC
ヒルトンタイムシェア



掲示板


みなさんの予定表
イベントカレンダー



リンク





since2006
表示解像度1024*764

Honolulu Weather
HAWAII365
8 to 21 Sep 2008


ハワイ旅行記 (番外編)

9月17日 − ケアラケクア湾へトレッキング






キャプテンクックの記念碑があるケアラケクア湾へシュノーケルに行きます。

ケアラケクア湾へ行く方法は以下の3パターンあります。
  1.お金を払って連れてってもらう(フェアウインド号などのオプショナルツアー)
  2.カヤックを借りて対岸のカハウロア・ロード辺りからカヤックを漕いで行く
  3.道路から歩いて海へ降りる

オプショナルツアーで行った場合は陸地への上陸は禁止となってますので、
キャプテンクック記念碑の前で写真を撮りたいならば2番か3番のみになります。

出国前にしょうマルたちは家族会議しました。
1番目の方法は、ツアー代が思ったよりも高かったので却下。
2番目の方法は、カヤックやんか漕いだことあれへん。よって無事にたどり着けるかどうか不安なので却下。
という訳で、残った3番を選択しました。

では実際に歩いて見ましょう♪
これがすっごく距離があるんです。
昨日はキラウエア火山国立公園内のトレイルやグリーンサンドビーチへのデコボコ道を散々あるきました。
きっとみんなの足は疲れているハズ。筋肉痛は大丈夫か!?
あっ、年寄りは翌日に筋肉痛にはならないんだ(汗)

無事にシュノーケルができるか?
では、出発!!!


ケアラケクア湾マップ
地図ではちゃんとした道があるような記載ですが、実際の道は以下にある写真のような獣道です。

 

トレイル
8:15

車はこの3本椰子の近くに路上駐車します。

近くに1台クルマが止まっています。
このクルマの持ち主もトレイルを歩いてキャプテンクック記念碑を見に行ってるのだろうか?

 

トレイル  撮影時刻−8:25
8:25 (トレッキングスタート)

トレイルの入り口です。
草が踏まれて道のようになっているだけです。
事前に予習してきた写真と雰囲気は似ているが、やはり不安(入り口を間違えて入ると絶対に着かないので)でした。
タイミングよく近くに住んでらっしゃる方が出てこられましたので、キャプテンクック行きのトレイルか確認したところ「OK」とのこと。
これで安心して出発です。

 

トレイル  撮影時刻−8:27
トレイル8:27 (歩き始めて2分)

すごい獣道です。
横には草がボウボウと生えています。
道は合ってるのでどんどん進んでいきましょう。

 

トレイル  撮影時刻−8:31
トレイル8:31 (歩き始めて6分)

木がトンネルのようになっています。
歩いても歩いても景観の変化はたいしてありません。
背丈以上の草木の間をどんどん歩いていきます。

 

トレイル  撮影時刻−8:47
8:47 (歩き始めて22分)

綺麗な朝顔?を発見。
朝顔はこの場所ともう1箇所だけに咲いてました。
帰りはこの花が駐車場(路上駐車場所)までの時間と距離の目安になり、疲れた体と足にムチを打つことができました(笑)

 

トレイル  撮影時刻−9:02
トレイル9:02 (歩き始めて37分)

相変わらず景色の変化はありませんが、周りの草の高さが低くなってきた気が。

標高の高いところでは雨が多いので草木が育ちやすく、低くなるにつれて雨が少ないので草木の育ちが悪くなるようです。

 

トレイル  撮影時刻−9:22
トレイル9:22 (歩き始めて57分)

かれこれ1時間ほど歩いています。
周りの草の背丈はすごく低くなりました。
そして、やっと海が見えました!!
でも、まだまだ海は遠く、標高は高いです。

 

トレイル  撮影時刻−9:28
トレイル9:28 (歩き始めて1時間3分)

道は左へ折れ、急な下り坂になりました。
チビマルの表情もお疲れ気味ですね。
下は大きな石ころだらけで滑りやすいです。
また、右側は崖のようになっております。
注意しながらゆっくりと下っていきます。

 

トレイル  撮影時刻−9:43
9:43 (歩き始めて1時間18分)

海がすごく近くなってきました。
向こうの方ではヨットが見えています。
きっとシュノーケルツアーのヨットでしょう。

 

トレイル  撮影時刻−9:53
9:53 (歩き始めて1時間28分)

分岐が現れました。
しょうマルは地図を確認。
ハナマルとマリンは帰りに迷わないよう景色を写真におさめています。
チビマルはというと、だいぶんとお疲れです。
が、石ころを触ったり投げたりして遊んでます。
帰りの目印になるように石を積んでケルンを作っておきましょう。
(石を積んだ後に気づいたのですが、ケルンがもう1つ作ってありました。みんな考えることは同じですね。)

 

トレイル  撮影時刻−9:59
9:59 (歩き始めて1時間34分)

また木の背丈が高くなりました。
しかし、向こうには海が見えます。
さっきまでと違うのは、今いる場所と海の標高がほぼ同じぐらいの高さです。
ということはゴールはもうすぐ?

 

トレイル  撮影時刻−10:04
10:04 (歩き始めて1時間39分)

とうとうゴールへ到着です!
がんばって歩いた甲斐がありました。
見てください!この絶景を!!
水面からでも珊瑚が綺麗に見えます。
水もすごく透き通っています。

しょうマルたちはさっそく水着姿になり、
シュノケール装着後に海へドボン!
写真のようなお魚さんがいっぱいです。天国のような海です。
オアフ島でシュノーケルを怖がっていたチビマルもシュノーケルできました。
頑張って歩いてよかったね(^^)

 

珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち
珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち
珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たち
珊瑚礁と熱帯魚たち珊瑚礁と熱帯魚たちキャプテンクック記念碑

 



クルマを降りればトレイル中にトイレも水道も何もありません。海辺にも何もないです。
人が少ないので、トイレぐらいは藪の中などで出来るかもしれませんが…(^^;
ただ、飲料だけは絶対に持参ください。(できれば食べ物も少し持っていくと良いです)
そしてシュノーケル中や帰りの分を考慮して飲んでくださいね。
行きの道ですべて飲み干してしまい、帰りの水が無くなったってことなどはないように!
ちなみにしょうマルたちは、水を持っていきすぎたのか?行きの道でセーブしたためか、クルマに戻ってもまだ少し残っていました。


ここでも『ハワイ・トレッキング―自然とふれあう54コースハワイ・トレッキング』の本や『あろは村』のホームページが役に立ちました。


カヤックを借りるお金もツアー代も必要ありません。駐車代も道路代も無料なのでタダで行けます。
体力に自信のあるみなさん、ぜひ歩いてきてください。そして、すばらしい海の中の世界を見てきてください。

 

>> 【9月17日(水) 渡ハ10日目】の旅行記に戻るにはコチラをクリックください <<


 

  | HOME |                            | Report TOP |

| 予約編1 | 予約編2 | 出発日 | 到着日 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 |
| 6日目 | 7日目 | 8日目 | 9日目 | 10日目 | 11日目 | 12日目 | 帰国日 |



| HOME | ALOHA | My Report | Beginner's HAWAII | Information HAWAII |
| HGVC | BBS | Schedule Calendar | Link |


当ホームページ内の記事および画像等の無断複製を禁じます
Copyright(c) 2006-2017 HAWAII365 All Rights Reserved.